about

刺し子のアトリエgypsophila(ジプソフィラ)へようこそ。

このアトリエはジプソフィラ=かすみ草のように可憐な小花を、刺し子でひと針ひと針咲かせる場所。


「持ち歩ける日本のこころ」をテーマに
刺し子職人・木内しおりがひと針ひと針丁寧に
全て手作業で制作しています。


刺し子の美しい幾何学模様から着想を得たアイテムで
手しごとと出かけることを楽しんでいただけますように。



刺し子は本来、保温と補強の目的で生活の知恵から生み出された技術、手法であります。
装飾の目的で生まれた刺繍とは厳密には歴史が違いますが、女性たちが発展させた沢山の刺し子模様はどれも芸術的な美しさをたたえています。

生活に密着した民芸でありながら、女性の遊び心や願いから生まれた美しい幾何学模様たちをどうしたら現代の暮らしに寄り添うスタイルにできるのか。

美しい日本の文化を現代のやまとなでしこ達へ提供します。

【ブログ】http://ameblo.jp/sashiko-a-g/


【木内しおり】(刺し子作家)
東京都出身。
2009年に刺し子と出会い、その美しさに魅了される。
2013年より刺し子作家として活動を本格的に開始。